FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WiMAX(IEEE 802.16)

IEEE 802.16規格を表す。

高速無線ネットワークに関する規格で、
最大75Mビット/秒の伝送速度,最長約50kmまでの伝送距離を持つ。

以前よりある無線LANの『IEEE 802.11』規格は、LANというだけあって狭い範囲での無線だが、
WiMAXは、上記の通り広い範囲をカバーし、MAN(Metropolitan Area Network)としての規格で作られている。

詳細におっていけば色々『IEEE 802.11』と『IEEE 802.16』に差異はあると思いますが、
LANかMANかの違いとして、今の所は勉強を留めておこうと思います。
※詳細に追いすぎると頭が爆発しそうなので。。。
※変調方式は、a・gと同じOFDMらしいです。

『IEEE 802.16』規格には、さらに2つに大きく分けられて、『固定WiMAX』と『モバイルWiMAX』に分けられる。

<固定WiMAX>
『802.16-2004』で、固定無線アクセスの為に作られた規格。
通常の利用環境では、5km前後に電波が飛ぶようで、現在利用されているADSLとかの固定回線を
無線化するための規格です。

<モバイルWiMAX>
『802.16e-2005』で、伝送距離は5km未満(1km以上は飛ぶみたい)らしいです。
公衆無線LAN向けの規格で、移動中はローミングしながら電波が切れないように使われるみたいです。



※ちなみに『802.16-2004』は、『802.16a』という言われ方もします。
(厳密には『802.16-2004』は、『802.16a』の拡張版みたいなので、違っているかもですが)
 WiMAXが流行りだしたら、16a・16eみたいな言われ方になるんでしょうかね。。。
スポンサーサイト

テーマ : 気になった事
ジャンル : ニュース

コメント

非公開コメント

プロフィール

itnewsweek

Author:itnewsweek
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。